天然に存在する有効成分を用いて体質改善を図る生薬「白井田七」|より

天然に存在する有効成分を用いて体質改善はかる生薬「白井田七」の特徴、効果、価格等

特徴

 

血液の循環が悪くなるお血を漢方養生するというのが田七人参の作用で、現代の病気のおおもとは、臓器への血液循環の低下が密接に関係しています。高麗人参などの中でも王様と言われ、効果・効能が現代科学で次々と証明され今最も注目を集めているのが田七人参です。

 

効能・効果

7年もの歳月をかけ収穫される白井田七には、サポニンを中心に多くの栄養成分(有機ゲルマニウム、アルギニン、パナセン(精油類の一種)、ビタミンB1、B2、B6、鉄、亜鉛、カルシウムナトリウム、マグネシウム)がたっぷりバランス良く含まれています。

 

サポニンには、血液のなかの酸素の代謝を促進し、血液の滞り、めぐりを正常にすることに注目が集まっています。 そのサポニンの含有量は、高麗人参の4倍から数十倍も含まれています。 この点も田七人参が今注目されている理由です。

 

<白井田七は、完全無農薬、有機栽培です>
7年間も大地のミネラルを取り入れるので、栽培方法が一番大切。化学肥料や農薬を使っている製品を摂取していると、逆効果に なりかねます。白井田七は、無農薬・有機栽培での品質の高さを評価され田七人参栽培では世界で初めて国際有機認証を取得し、有機JAS認証取得の数少ない田七人参です。

 

用法、用量

1日当たり4〜8粒

 

標準栄養成分表

4粒中(標準1000mg)当たり(日本食品分析センター調べ)
田七サポニン0.09g、エネルギー 4kcal タンパク質 0.08g、脂質 0.01g、炭水化物 0.84g、ナトリウム 0.04mg

 

価格、容量

250r×240粒

  • 一般コース 12,600円
  • 毎月お届けコース 9,980円

 

公式HPはこちら